先日のHIV&性病検査の結果がサイト上にアップされていたので報告を。

俺の場合、検査物を郵送してから3営業日で結果が出たので、購入から結果までの期間はだいたい1週間くらい。
いつでも検査キットが購入でき、1週間前後で結果がわかるのはありがたい。

まずはSTD研究所のホームページに行き、右下の「検査結果ログイン」をクリック。
検査申込書に記入した申込ID、パスワード、採取日が必要なので検査申込書は失くさないように。

stdlab.png

メール通知などはないので、検査物を送って数日経ったらとりあえずログインしてみるのがいいかも。
検査結果が出ていない場合でも予定日時は確認できます。

で結果は…

IMG_9501.jpg

全て陰性(-)!

とりあえず一安心。

特にアンケートに質問は書かなかったけど、コメント欄には電話で問い合わせしたことや、血液の量が少なかったけど正しく検査ができたことなどが書かれていて、事務的でない対応が嬉しい。
匿名で誰かと顔を合わせることもないけど、しっかりサポートをしてもらえてるんだなと。

ちなみ送った血液はろ紙に含ませて乾燥してしまってるけどしっかり検査はできるのか?

と思ったけど、今回のHIV抗体スクリーニング検査(PA法)は血液中にあるHIV抗体を見つける検査なので問題はないそう。
ただ、その抗体が生成されるまでには約3か月ほどかかるので、確実に感染しているかどうかを調べるには感染の機会から三ヶ月経ってからが望ましいとのこと。

とは言え、個人差はあるものの4〜8週間くらいでHIVに対する抗体が検出されるようになるので、一ヶ月経っていれば検査を受ける意味はあるみたい。

さすがに三ヶ月も待つのは長いし、なるべく早く検査を受けてはっきりさせたいっすからね。

他にHIV抗原検査は一ヶ月、NAT検査(核酸増幅検査)は2、3週間と、今回の検査より早い段階で検査が可能になるらしい。

詳しくは「HIV検査まめ知識」に書かれているので気になる方はチェックしてみてください。
最近「保健所に行く時間がない」「匿名でできる(誰とも顔を合わせる必要がない)」という理由からネットでHIV検査をする人が増えているらしい。

無料だけど検査日時が限られているので保健所に行くのは面倒だし、健康診断の時にHIV検査を追加で申し込むのを忘れてしまったので、俺もネットで検査キットを購入してみることに。

いくつかある中から、サイトのつくりがしっかりしていて評判も良さそうなSTD研究所を利用してみた。

HIV検査だけだと4968円(税込)と病院で検査してもらうのと同じくらいの値段。

せっかくだしHIV(エイズ)以外にクラミジア、淋菌、梅毒、B型肝炎など性病全般の検査をしてくれるタイプRに。

15930円…
なかなか奮発したな、俺。

数日で検査キットが自宅に送られてきたけど、郵便受けには入らなかったらしく郵便局員から手渡し。
品名が日用品(プラスチックケース)になってたので中身はバレてない様子。
中身が透けて見えないように梱包されていたので、同居人がいる場合でも安心。
IMG_9370.jpg

豪華パッケージを申し込んだので、用意しなきゃいけないことも多い。

まずは、検査申込書とアンケート用紙に必要事項を記入。
アンケート用紙に悩みや不安、検査に関する質問ができる欄があり、結果と一緒に専門家が答えてくれるサービスがあるのが嬉しい。

続いて検査物の準備。

①うがい液検査(クラミジア(のど)、淋菌(のど))

フェラすることで口や咽頭に病気をもらってしまうことがあるらしいので、喉の検査も念のため。
チンコが目の前にあったらすぐにパクリといってしまう俺は感染がゼロとは言い切れないっすからね(苦笑)

検査キットはこんな感じ↓
IMG_9374.jpg

検査前2時間の食事はダメ、うがいをしてもダメ、歯磨きもダメ。
じゃあいつやればいいんだ…

朝起きてすぐが一番楽かも。

ほんのり塩っぱい専用の液体があるので、その液体でうがいを10〜20秒。
液体を口に入れ過ぎると途中で苦しくなってくるので口に含むうがい液の量には注意。

それを専用の容器に入れて終了。

②尿検査(クラミジア、淋菌)

お馴染みの尿検査なので方法は割愛。

子供の頃、尿検査するときは「出はじめ」ではなく「中間」の尿を採取するようにと言われた覚えがあるけど、この検査は「初尿(出はじめ)」を採取する必要が。
性器についたウイルスを検査するからみたいっすね。

③血液検査(HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎)

今回のメイン。

これだけ説明書がやたらと長い。
同封されているものはこんな感じ↓
IMG_9375.jpg

とりあえず石鹸で手を洗い、血行を良くするためにハンドマッサージ。
指を消毒したらいよいよ採血。

指の腹にランセット(採血器具)をあてて下に押すだけなんだけと、なかなかその先に進めない…
(ランセットを指に押し付けると針が少し出て一瞬で引っ込む仕組み)
IMG_9376.jpg

勇気を振り絞ってブスっと(実際にはチョンっ)ランセットを指に押し付ける、と同時にチクっと刺激が。

腕を心臓より下にして血が溜まるのを待つ。

で、ろ紙に血を吸い込ませるんだけど、一回吸い込ませたら血が止まってしまった…
俺の血小板、働きすぎでしょww

とか言ってる場合ではなく、タイプRだと3枚のろ紙に採取する必要があるんだけど全然足りない。

結局、同封されていたランセット3つ全て使い切ってしまったけど、必要量の採血ができず。

説明書にあった郵送検査コールセンターに電話をして状況を説明すると、うがい液と尿は既に採取済みだし、もしかしたら血液検査できるかもしれないので、とりあえず検査物を全て送ってくれ、とのこと。
万が一血液検査ができなかった場合でも、無料で再検査してもらえるようでひと安心。

うまく血液が採取できなかった場合でもパニクらず、まずはコールセンターに電話してみるのがいいかと。

一通り準備ができたら、検査物、申込書、アンケートを専用の封筒に入れて郵送。
ある意味「ナマモノ」なので夏場とかは郵便局の窓口で手渡しした方がいいかも。

結果は3〜5日後にネットで確認できるとのこと。

実はHIV以外の性病の検査をするのは今回が初めて。
何も感染してなければいいけど。