なかなか行く機会のない学芸大学にある「WALEA Conditioning Room」さん。
東急東横線で渋谷から10分弱と何気にあっという間でした。

Sindbad BookmarksMAGNAVIなどのゲイ向け検索エンジンで紹介されているけど、ホムペを見る限りゲイの要素ゼロ。
おまけに女性のマッサージ師さんもいるみたい。

が、時間によって担当の方が決まっているみたいで、「もしや」を期待して予約してみました。

場所は学芸大学駅から徒歩5分弱の場所にあるマンションの一室。

チャイムを押すと、出てきたのはマッチョで色黒の鈴木さん。
HPに載っている写真通りの方でした。

部屋はリノベーションしているのか、アジアンリゾートのような洒落た作り。アロマの香りが心地よい。
室内に石が敷かれていて結構凝った内装です。

が、ここで問題が。
シャワーがない!
厳密に言うとユニットバスはあるけど、シャワーの貸し出しは行っていないよう。

代わりに濡れおしぼりをいくつか用意してくれるので、それで体を拭きます。
何が起こるかわからないので、チンコは入念に

着替えが終わり(というか裸になるだけだけど)、ハワイアンロミロミ90分コースのスタート。

実はロミロミを受けるのは今回が初めて。
ゆっくりとストロークをかけていくマッサージだと思っていたけど、意外と動きが激しい。
確かにコース説明でも「ダイナミックで流れるような手技」って書いてあったな。
腕はそこそこ。体の凝りがとれてスッキリ!とまではいかなかったけど、リラックス目的としては十分。

後半は仰向きで。
ゲイマッサージだったらこの時点でタオルがテント張っても気にしないけど、まだゲイマッサージかわからない…
我慢、我慢、我慢…
何とかムスコさんはおとなしくしてくれていました(笑)

マッサージも終わりに近づく頃、鈴木さんの指は俺の乳首へ。
うん?乳首の周りをなぞられている?

と思うと同時に、俺のチンコはむくむくと膨らんでいく。
そして、ごく自然に鈴木さんの手は俺のチンコへ移動し上下運動開始。
途中、何やら暖かいものに包まれる感触に変わっていく…

目隠しされているので何が起こっているかわからない。
思わず、目隠しをとって確認!!

横になったまま右側を向くと、テントを張った短パン姿の鈴木さん。
短パンを脱がそうとすると、鈴木さん自らパンツを下に降ろし、そそり立つ♂を俺の目の前に差し出す。
思わず。。。

その後は皆さんの想像にお任せしますw

マッサージとしてはそこまで印象に残るものではなかったけど、全体的に心配りが感じられる内容。
次回は鈴木さんのマッチョな裸体を拝ませてもらえることを期待しつつ、また行こうと思います。

↓この男優さん、「雰囲気、ガタイ、肌の黒さ、チンコの固さ」が鈴木さんに似てるかも?!
IMG_4661.jpg


WALEA Conditioning Room (ワレア コンディショニングルーム) 
最寄り駅:東急東横線 学芸大学駅
ハワイロミロミ
60分 7000円
90分 10000円
120分 13000円

※あくまで個人の感想・体験談です。実際とは異なる場合がありますのでご了承ください。


男性マッサージ ゲイ 東京・学芸大学(目黒区) ハワイアンロミロミ WALEA Conditioning Room (ワレア コンディショニングルーム)の体験談・評判 口コミ 評価8/10
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック