今日は、ゲイマッサージの人気投票と同時に行ったアンケートの結果発表。

予想通りな部分もありつつ、人気ゲイマッサージの投票結果と照らし合わせてみると意外な部分も。

実際にゲイマッサージを利用する人のセクシャリティー

image003.png

やはり「ゲイ」の利用者がダントツで多い。

男に興味はあるけど「セックス」となるとちょっと抵抗が…という「バイ」の方には、ゲイマッサージは敷居が低く利用しやすいのかも。
あとは、同性の方が気楽だし、力のある男性マッサージ師の方がいいという人もいるよう。

海外のマッサージ屋で男性マッサージ師に弄ばれ、こっちの世界に目覚めてしまった、という話も聞いたことあるけど、そういう人は意外に多いのかも!?

ウェブサイトに力を入れていて、Googleで検索すると上位に表示されるような店は、比較的「バイ」「ノンケ」の利用者が多い。
逆に「ゲイ」の方は、どこで情報収集したんだ?と思うようなマイナーなところまで網羅している傾向あり。

ゲイマッサージに求めていること

image002.png

グラフの文字が少し見にくいけど、

•リラクゼーション、癒し 45%
•エロ 37%
•スタッフとのコミュニケーション 12%
•疲労回復 6%

という結果に。

「疲労回復」を主な目的にゲイマッサージを利用する人は僅か6%。
多くの人は肩こりや腰痛がひどい時、町中の整体や接骨院、カイロプラクティックを利用するんですかね。

ちなみに、行ったことがないと自分に合うかどうかの判断は難しいけど、ゲイマッサージの中にはマッサージ歴が長かったり、資格を持った方もいるので、俺は「疲労回復」を目的にゲイマッサージを利用することもあります。
基本は「リラクゼーション」+「ちょいエロ」が目的ですがw

個人的に意外だったのが「エロ」目的の方が多いこと。
ウリ専は明らかにエロが目的になるけど、ゲイマッサージだと「なにが起こるかわからない」というドキドキ感がいいのかも。

以上、アンケートの結果発表(報告?)でした。

改めて、ゲイマッサージ人気ランキング2014&アンケートにご協力いただいた皆さん、ありがとうございましたm(__)m
関連記事