上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやくGW!久しぶりに昼まで寝てたw

年末年始は普通に仕事だったから久しぶりの連休。

GWは出かける人も家にいる人も出会いのチャンス!
休みの人が多い=(多分)アプリのオンライン率が増えますからね。

今まではJack'd(通称、赤アプリ)をメインに使ってたけど、最近は9monsters(通称、ナイモン、ピンク)も併用。
出会いに餓えてるので“もちろん”課金ユーザーww

両方登録してるメンズも多いのでかぶる人もいるけど、ピンクの方が全体的にユーザー数が多いような気がする。

が、専門用語が多いし、ゲーム要素もあっていまいち理解できず。

ということで、今まで使ってみてわかった機能とか押さえておきたいポイントをシェアしてみようかと。

9monsters.png
プロフィール画面はこんな感じ。

まずはこのアプリの特徴とも言うべきブリーディング機能。

そもそもブリーディングとは?
英語だとbreedingというスペルで「育てる」とか「しつけ」という意味がある。ブリーディングしたりされたりすることで自分の属性が変わったり、レベルが上がったりするというわけ。

ブリーディングスロット(枠)は初めから何スロットかはあるけど、メッセージもらった回数やマッチした回数でどんどん増えていく。

ちなみに属性とは、自分の好みのタイプやどんなタイプに好かれやすいか、ブリーディングすることによって分類された9つのモンスターのこと。
Slim Cat(細めネコ)、MuscleWolf(スリ筋キツネ)、Wild Bear(ワイルド熊さん)、Athlete Kong(ガチムチゴリラ)なんかがある。
※訳は俺が勝手につけたのであしからず。

さらにレベルが一定以上を超えると人気ユーザーとして紹介される。
いやらしい話、人気ユーザーの権利は金で買うこともできる…。

あともう一つ重要なのが、ハウリング機能。
簡単に言うとつぶやき。普通に「天気がいい」とか「二丁目なう」とかつぶやいている人もいれば、「mrmr」とか「ヤリたい」とかエロいつぶやきもちらほら。

このハウリングはなかなか効果あり。
ハウリングしてる人だけを簡単にフィルターかけられるので、露出度も一気にアップ。俺はこれでメッセージやイイね!をけっこうもらえるようになったかも。
ちなみにハウリングは2時間くらい経つと自動で消える、言い換えるとハウリングしている人はアクティブユーザーなので連絡とってみると即レスが期待できる。

「今すぐ会いたい」とか「お茶したい」「ご飯食べたい」といったディフォルトの文言もあるので、わざわざ自分でつぶやく内容を考えなくていいから楽。

リアルしたい場合は絶対ハウリングするべし。

あと気になる男を発見したら、9monstersではそれを相手に知らせる方法が何通りかある。

イイね!メッセージブリーディングは説明は不要かと。
お気に入りは課金ユーザーにしか見えないようになってるので注意が必要。
オーディション/タイプはお互いにマッチした時だけ通知が届くというもの。

イイね!だと無視されることも多いので、個人的にはマッチ機能を使うことが一番多いかも。
とりあえずお互い気になってるわけだし「次」が期待できる。

9monstersは機能が多すぎてわかりにくい部分もあるけど、うまく使いこなせば出会いも増えそう。

近くに男がいない!という場合は好きな場所に移動できるスポットジャンプ機能もあるので、行く予定のある場所の男をチェックしたり、イケメン探し(鑑賞)をすることも可能。

この連休中、一人くらいはリアルしたい!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。