上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「年下彼氏とキスをすると若返る!?」

という気になる記事を発見。

なんでも若い人の唾液の中にはパチロン(通称:若返りホルモン)という物質が含まれていて、細胞の新陳代謝を活発にし肌や髪を健康でツルッツルの状態に整えてくれる効果があるらしい。
他にも歯の再石灰化を助けてくれる作用もあるんだとか。

このパチロンという成長ホルモン、残念ながら25歳をピークに生産量は低下してしまうそう。

ということで、年下(25歳以下)の彼氏を作って、舌からませベロチューをしまくるのがてっとり早いという訳。

俺の好きな生唾口移しプレイだったら効果てきめん!
OS-N004生唾
イメージ:雄淫裸 PART4より

やべ、俺のタイプは35以上の熟し始めの男だ…
若い子もかわいいけど、やっぱりアラフォーの脂が乗り始めた雄臭い男の方がそそられるんだよな。

という、そこのあなた!

物を食べるとき、しっかりと噛むことでパチロンを作り出せるそうなのでご安心を。
(理想は一口で30回)

食べながら頻繁に水やお茶を飲んでしまうと、唾液を分泌する必要がないと体が判断して唾液の分泌量が減ってしまうので注意。

あとは唾液腺のマッサージも効果的だとか。

①人さし指から小指までの4本を頬にあて、上の奥歯のあたりを後ろから前に向かって回す
②親指を顎の骨の内側の柔らかい部分にあて、耳の下から顎の下まで5か所くらいを順番にゆっくり押す
③両手の親指をそろえ、顎の真下から舌を突き上げるようにゆっくりグーっと押す
参考:唾液の力で若返り!?(PDF) - 埼玉県立大学

年下彼氏を探すか自分でパチロンを作ってしまうかはあなた次第。

ちょっと真面目な医学ネタになってしまったけど、液体つながりで明日は「精液の驚くべき効果」について書いてみます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。