今更ながら、あけましておめでとうございます。

年が明けてまだ一週間ちょっとだけど、今週はめっちゃ疲れた…

なかなかアクセルがかかりにくい感じですが、今年も有意義なエロネタをお届けしていきますので、よろしくお願いします。

さて、2016年一発目のネタは「ポルノ動画を観るべきではない10の理由」について。

Genxyでポルノやオナニーによるセックスライフへの悪影響について書かれていたので、自分の主観を書いてみようかと。
研究結果の全てに確証があるわけではないようだけど、ポルノ依存症の人の脳の動きを調べたところ、薬物依存症の人の脳と全く同じ動きがあったそう。

『ポルノ中毒になると、同じ人では満足しヅラくなる』

ポルノ中毒だからかわかんないけど、俺はセクフレを作っても数回ヤッて飽きてしまう…新鮮さに欠けるというか。
でもゲイビで覚えたプレイなんかを実践してみるとめっちゃ興奮するので、いろんなプレイを試してみると飽きにくいかも。
 
『調査協力者の53%は12才から14才の間にポルノを観る癖がついた。しかも、全体の16%は12才までには同様の癖がついてしまっている』

12歳って早すぎじゃないっすか。俺が子供の頃はネットも普及してなかったし、もちろんスマホなんてなかったからポルノを観る機会はほとんど皆無。
初めてエロビをみたのは中学生の時だけど、店に行かないとエロビも買えないので兄貴のをこっそり観てたくらい。
爺さん婆さんが東京に住んでいたので、高校生になると遊びに行った時にこっそりエロビとかBadiを買ってたなw
今みたいにゲイビデオの種類も多くないから、ビデオのコーナーは「マニアック」か「その他」。今考えると「マニアック」ってひどくないっすか?

『ポルノを観るうちにポルノの好みがより激しいものや逸脱したものになっていった』

映画もそうだけど、非現実な世界への憧れっていうものはポルノだけじゃなくてもあると思う。
男優が超タイプ、というケースを除けば、ノーマルなセックスよりも自分のフェチものや逸脱したものの方が萌えるし。そういう意味では、陰部にモザイクがかかっていた方が想像力が働くのでいいのかも。

他の理由については「ポルノ動画を観るべきではない10の理由」で確認してみてください。
ただ、調査対象やサンプル数が明記されていないので、この調査の信憑性は微妙なところだけど。

個人的な見解を要約すると、

・オナニーとセックスはバランスよく
・刺激のあるポルノはほどほどに(リスクのあるエッチはマネしないでね)
・手コキする時は力を入れすぎないで
・ある意味ポルノは性教育の教材

こんな感じっすかね。

現実ではなかなかイケメンさんとヤレないので、ゲイビの中だけでもいい思いさせてくださいw
関連記事