上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界で一番使われている元祖ゲイアプリと言えばGrindr(グラインダー)。
日本では9monsters(9モンスターズ)が圧倒的な人気で利用者はかなり減ってしまっているよう。

敗因の一つは無料でできることが少ないからのような気が。

いいね!やオーディション(マッチング)機能もないし、ナイモンのようにハウリング(つぶやき)することもできない。
基本的にできることといえば閲覧&メッセージの送受信くらい。

登録できる写真が一枚だけというのも残念ポイント。
顔、体の写真それぞれ、最低2枚は写真アップできるようにして欲しいところ。

東京23区内のとある場所から2Km圏内にいるユーザー数を比較してみると、

9monsters(ナイモン):292人
Jack'd(ジャックト):477人
Grindr(グラインダー):18人

意外にもJack'd(ジャックト)のユーザー数が一番多い!?

が、この数字にはオフラインの人も含まれているので、もう使ってなくて放置している人が多数いる可能性大。
アクティブユーザーの数だけだったら、やっぱり9monsters(ナイモン)が一番多いよう。

Grindr(グラインダー)は予想通り少ない。
ただ、イケメンマッチョの割合が多いような気も。
単なる俺の好みの問題かもしれないけどw

そんなGrindr(グラインダー)、最近バージョンアップしたようで2つの機能が追加。

ひとつは、エリア内の新しいユーザーを紹介する「Fresh Faces」という機能。

↓こんな感じで上部に表示されてます。
grindr_freshfaces.png

新規登録したユーザーなのか、それとも旅行者とかエリア内でのニューフェイスを紹介しているのかは不明。

もう一つは「Gaymoji」。

日本の絵文字文化がワールドワイド、いや、ゲイワイドになるのは嬉しいっすね。
今や「Emoji」は世界で通じる日本語ですからね。

が、いつどう使えばいいかよく分からないゲイ文字ばかり…

イケメンっぽい絵文字。
gaymoji2.png

チンコは茄子に、ケツは桃に(多分)
gaymoji1.png

実際このゲイ文字をうまく使いこなしている人がいるのかは疑問w

Google PlayとかApp Storeを覗いてみると、ゲイ向けの出会い系アプリはかなりあるようけど、やはりこの三強がシェアの大部分を占めているよう。
聞いたこともないアプリのレビューを見てみると、サクラがいていい感じ(エッチの約束?)になると課金されるようなシステムだったり、アプリ内で画像を無断で使用されているケースもあるよう。

新しいアプリに手を出すのはちょっと怖い(というより面倒)と思いつつも、もっと刺激的で斬新なアプリが登場してほしいという気持ちもあったり。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。